脂肪冷却/低温脂肪分解について

 人間の身体の6070%は水分です。水は0℃で凍りますが、脂肪は水よりも高い温度(4℃)で変化します。この理論を利用して米国ハーバード大学の研究チームが考案したクライオポラシス理論は、皮膚や血液に影響を与えることなく、気になる脂肪細胞だけを変化させることが出来、脂肪細胞を減らすことでリバウンドもなくアフターケアの必要もないと言われています。また、冷やされた脂肪細胞はアポトーシスし、新陳代謝プロセスにより体外へ排出されます。このプロセスが繰り返されることにより、脂肪が減少します。

 

※アポトーシスとは......生体が不要になった細胞を排除するために、細胞自らがプログラムを作動させて計画的に死んでいくシステムです。

1.     皮膚表面を吸引し冷却します。(コンピューター制御により設定温度に保ちます。)

 2.     冷却された脂肪細胞がアポトーシス(プログラムされた細胞死)を引き起こします。

 3.     老廃物となった脂肪細胞が新陳代謝により体外へ排出され、サイズダウンを促します。

fuente_cryohead.jpg